So-net無料ブログ作成

口蹄疫 ワクチンの接種開始 家畜20万頭を対象に(毎日新聞)

 口蹄疫(こうていえき)がまん延している宮崎県央部で22日、感染発生地から半径10キロの移動制限区域の家畜に対するワクチン接種が始まった。健康な牛や豚にワクチンを接種して感染拡大を遅らせたうえで、殺処分する。

【特集】写真や最新記事でみる口蹄疫 

 対象は感染が確認された都農(つの)、川南、高鍋、新富の4町で飼われている未感染の家畜約20万5000頭。県は対象農家に電話で同意を求めたうえで、区域周辺部から中心部へ向かうように接種を進める。期間について県は「3、4日間で終わらせたい」としている。

 接種作業に従事するのは、感染リスクを減らすため、新たに県外から宮崎入りした獣医師27人と補助員40人、案内役の地元住民で構成する27チーム。3人1組で対象地に向かった。ワクチンも午前9時半、宮崎市の宮崎家畜保健衛生所を出発した。東国原英夫知事と山田正彦副農相も川南町などを訪問した。

 対象となる農家への国の補償策などについて地元の首長らは21日夜、受け入れを決めた。【石田宗久】

【関連ニュース】
【写真で見る】感染拡大が深刻化する口蹄疫
【関連記事】質問なるほドリ:口蹄疫ってどんな病気?
口蹄疫:22日からワクチン接種…補償案受け入れ
口蹄疫:感染疑いの種牛は大エースの「忠富士」 殺処分に

学生数の公開義務付け=大学・短大に、来年から―文科省(時事通信)
裁判員1年、4千人以上参加・530人に判決(読売新聞)
<口蹄疫>「殺処分奨励金」評価全額支払い方針 農相が表明(毎日新聞)
口蹄疫 台湾が宮崎県に義援金(産経新聞)
元カーレーサーの舘氏を擁立 みんなの党(産経新聞)

<新・一筆啓上賞>今年のテーマは「涙」で募集開始(毎日新聞)

 日本一短い手紙の公募「新・一筆啓上賞」を主催する福井県坂井市の丸岡町文化振興事業団は13日、今年(第8回)のテーマを「涙」と発表した。句読点を含め1〜40字。あて先は誰でもよい。シンガー・ソングライターの小室等さんら5人が審査し、来年1月に大賞5点(賞金10万円)などを決める。

 応募は封書か郵便局にある用紙で、〒910−0298(住所不要)丸岡町文化振興事業団 新・一筆啓上賞「涙」係へ郵送。締め切りは10月15日(当日消印有効)。問い合わせは同事業団(0776・67・5100)。

日米地位協定に「環境条項」=沖縄配慮、改定提起へ(時事通信)
デジモン・シール架空発注、8600万詐取容疑(読売新聞)
口蹄疫 殺処分に追われる関係者 疲労と焦燥が蓄積(毎日新聞)
小沢氏聴取、国会での証人喚問へ野党足並み(読売新聞)
信長と義元像、因縁の桶狭間古戦場に登場(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。